日本初のKindle専門出版社〜電子自費出版、表紙デザイン〜

Kindle出版代行サービス(自費出版支援)

  • HOME »
  • Kindle出版代行サービス(自費出版支援)

自分の書いた小説や旅行記を出版したい、そういった思いを持ったことはありませんか?

実はAmazon.co.jpの電子書籍サービス、Kindle Direct Publishingなら誰でも無料で電子出版ができます!

Kindle電子自費出版のメリット

  • あなたの執筆した文章を日本全国の読者の届けることができます。
  • Kindleの出版から始めてメジャーにデビューした事例もあり
  • ロイヤリティ率が一般の書籍と比べ高い(35〜70%!)
  • 印刷費用がかからない

しかし、Kindle本としての出版手続きは煩雑な部分も多く、多忙な方にとっては使い勝手が悪い面があることも事実です。また、インターネットに不慣れな方にとってもファイル形式の設定など、ハードルが高いと感じられる部分もあるかと思われます。

そこで、やまもぐら出版ではKindleダイレクト・パブリッシング(KDP)への出版手続きの代行サービスを開始いたしました。出版登録したい原稿を弊社にてKDP登録用フォーマットに変換し、著作者様の手を煩わせることなくKindleストアでの販売を開始できます。出版代行料金19,800円から!

出版実績はこちら

今すぐお申し込み↓


サービスの流れ

  1. 原稿入稿
    • 著作者様の原稿を弊社に入稿いただきます。
      wordファイル、txtファイル等、多彩な入稿形式に対応いたします。
  2. 代行料金のご入金
    • 弊社指定の銀行口座に代行料金をご入金いただきます。
  3. (別料金)表紙のご提案
    • 著作者様のご希望に合わせた表紙をご提案させて頂きます。弊社契約のデザイナーによりKindle出版に最適化された表紙をご提供いたします。(詳細はこちら
  4. ページレイアウトとファイル変換
    • Kindle書籍はmobiファイルと言われる専用のファイルでの登録が必要となっております。弊社にて頂いた原稿データからKindleに最適化したレイアウト編成、ファイル変換作業を行います。
    • 目次、見出しなど電子書籍ならではフォーマット設定を行います。
  5. Kindle Direct Publishingへの登録代行
    • ご希望頂いた方にはKindle Direct Publishingへの登録作業を弊社にて代行させて頂きます。著作者様が煩雑な登録作業に煩わされる必要はありません。
  6. 出版完了
    • Amazonでの審査に合格すれば晴れて著作者様の作品が全国に向けて販売されます!

ご料金

ご料金 概要
一般書籍 34,800円
(税抜)
文字中心の一般的な書籍を対象としたご料金となります。
A4 300ページを超える長編の場合、別途追加料金が発生いたします。
短編特別料金
(人気!)
19,800円
(税抜)
A4 50ページまでの短編を対象とし、特別料金を適用いたします。

なお、料金算出根拠となるページ数は1ページ当たり1,000文字を目安とし、事前の弊社見積もりによるものとします。

納期

納期は通常一週間程度頂いております。

納品形式

mobiファイル

よくあるご質問

今すぐお申し込み↓


オプションサービス

表紙デザインサービス

ご相談に応じてKindle用の表紙をご用意いたします。
解像度は 縦2,560px、横1,600pxとし、納品はjpeg形式にて行います(Amazon推奨設定)。

表紙デザイン単品での受注も承っております。

最も低料金のプランであればデザイン案1つで14,800円(税抜)。
(KDP登録代行とセットでお申込みの場合、9,800円(税抜)

表紙デザインサービスの詳細

デザイン例
15万円で世界一周格安航空会社LCC利用術表紙 最強イヤホンの選び方 表紙 就活女子のためのメイク対策
販売ページ 販売ページ 販売ページ

出版代行サービスについてのよくあるご質問はこちら


お申し込みは以下のフォームから

お申込み

 

注:Amazon、Amazon.co.jp、Kindle、Kindle Direct PublishingはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

Kindle出版をお考えの方に

Kindle本の出版代行サービスを開始!あなたの本をAmazonで販売してみませんか?小説や旅行記、ノンフィクション、全国の読者にあなたの文章を届けます。

おすすめのKindle

Kindle Paperwhite
Kindleシリーズの中ではPaperWhiteがオススメです。液晶ではなくE Inkという技術を利用しているため、目が疲れず紙と同じ感覚で電子書籍を読むことができます。
PAGETOP
Copyright © やまもぐら出版 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.